•  
    SUVの要素をコンパクトなサイズに凝縮したコンパクトSUVは、いま注目のセグメント。各社が精力的に市場に新型車を投入しているが、BMWのアプローチは独特かつBMWならではのものだった。ベーシックカーのメカを流用するケースが多いこのクラスでは、ほとんどのモデルが前輪駆動または前輪駆動ベースの4WD、ところがX1は後輪駆動がベースなのである。走らせたときにステアリングから手のひらへと伝わるスムーズな感触、コーナーを立ち上がる際の蹴り出し感、どちらもBMWならではのプレミアムかつスポーティなテイスト。コンパクトなボディならではの軽快さと相まって、X1は日常のちょっとしたお出かけを楽しくワクワクする体験へと演出してくれる。
    2010年発売のモデルでは2Lエンジン+後輪駆動および3Lエンジン+4WDで展開。2012年には4WDモデルのパワートレインが2Lターボに8速ATとなり、燃費性能を大幅に改善した。

     

     
    4,485×1,800×1,575mm

    4,665×1,880×1,675mm

    4,680×1,880×1,625mm

    4,910×1,940×1,760mm

    4,925×1,990×1,700mm