•  
    高いアイポイントによる運転のしやすさと開放感、そして使い勝手のよさを手軽に味あわせてくれるのが、「ユーティリティ」&「カジュアル」セグメントに分類されたモデルたち。とくに、これまでハッチバックタイプのクルマを所有していたひとたちなら違和感なく乗り換えられるだろうし、これまで国産車に乗っていて、初めて輸入車に挑戦というひとも親しみやすいに違いない。また、最近オンロード志向を強調したモデルが多いなかで、アウトドアでの使い勝手という面で見ても、これらモデルのパフォーマンスは高い。
    まず最初に紹介するフォード エコスポーツは、なんといっても新車でも246万円というリーズナブルなプライスが目を引く。それでいながら、180mmに設定された最低地上高と十分なデパーチャーアングル、坂道発進をサポートするヒルスタートアシストの標準装備によって悪路への対応力は十分。万一に備え、水深550mmまでの走行も可能だというのも心強い(時速7kmまでの走行を想定)。1.5L 4気筒エンジンは最高出力111馬力で、デュアルクラッチ式の6速パワーシフトによる変速もスムーズ。駆動方式は前輪駆動(FF)のみ。

    続いて紹介するのが、フランスのプジョーから発売されている3008。正確にはクロスオーバーと銘打たれているものの、砂地、雪道、泥道など滑りやすい路面に対応する5つのモードを備えた「グリップコントロール」の採用など、コンパクトSUV的な使い方も想定されている。ポイントは、上質さにこだわったシートに象徴される都会的で洗練された内外装。実力はSUVクラスでありつつも、都市生活にも似合うスタイリッシュなアピアランスを備えている。また、上下分割式で下部が手前に倒れるテールゲートも使いやすい。パワートレーンは1.6Lターボと6速ATの組み合わせで駆動方式はFFとなる。

    最後に登場したフォルクスワーゲン ティグアンは、このクラスを代表するモデル。2008年に登場したティグアンは、ゴルフをベースにしながらSUVに求められる悪路走破性などを付与した設計。クラスを牽引するベストセラーモデルを基としただけあって基本性能の高さは優秀。クオリティの高さと価格のバランスも絶妙だ。幾度かマイナーチェンジを受けつつも、未だに人気モデルの地位を守り続けているのがその証拠だ。現在新車で販売されているのは、1.4LターボのFFモデルと2.0Lターボの4WDモデル。トランスミッションはデュアルクラッチ式でスムーズな加速と優れた燃費性能を実現している。また、販売期間が長いだけあって中古車が豊富なのも注目すべき点と言える。

     

    GLAクラスを探す

    X3を探す

    X1を探す

    ティグアンを探す

    Q3を探す

    クロスオーバーを探す

    3008を探す

    XC60を探す

    イヴォークを探す

    エコスポーツを探す

    クーガを探す