•  
    1978年登場、ポルシェが911の後継モデルとするべく開発されたフラッグシップモデルが928(1978〜1995)だ。自社開発の4.5L水冷V8エンジンをフロントに搭載し後輪を駆動するFRで、当時のポルシェが保有する新技術をふんだんに採用し、911よりも上級のグランツーリスモとしてコンセプトが作られた。トランスミッションを後輪側に配置し、理想的な前後重量配分を実現するトランスアクスルやコーナリング中にリヤタイヤに角度をつけることで姿勢を安定させる「ヴァイザッハ・アクスル」などはその代表例で、後のスポーツカーに多大なる影響を与えている。その長いモデルライフゆえに搭載エンジンやパワーは多彩で、もっともパワフルだった928GTSでは5.4L V8から340馬力/50.9kgmというハイパフォーマンスを誇った。

     
      1930年代初頭、自動車設計者フェルディナント・ポルシェ博士によって興されたポルシェ事務所は、自動車にまつわる設計やコンサルティングを行う会社としてスタートした。1948年にオリジナルモデル第1号車の356を世に送り出して自動車メーカーとしての道を歩み始めたポルシェは、その後1963年に傑作スポーツカー「911」を発表し、スポーツカーメーカーとしての道を本格的に歩み始めた。それから約50年、ポルシェはスポーツカーメーカーというアイデンティティーを維持しながら、ミッドシップ、SUV、サルーンとそのフィールドを広げている。