「低金利ローン」のチャンスは見逃さない!

金利によって総支払額は変わってくる
ローンで購入するメリットは、月々の支払額を自分で設定できることにあります。支払い期間を長く設定すれば毎月の支出を少なく出来、短期間でローンを終わらせる事だって自由自在。とはいえローンとはお金を借りることなので金額に応じて借入金に利子がつきます。これは販売店によって違ってくるもので金利の数パーセントの違いによって支払い総額には差がつきます。販売店によっては実質的な値引きキャンペーンとして低金利のローンプログラムを用意することもあります。このようなチャンスを積極的に利用して賢くクルマを購入してください。
低金利ローンを解読する

金利負担シミュレーション

ローン元金400万円、60回払いのときの金利負担シミュレーション(ボーナス月加算総額:100万円)

低金利ローン(3.9%) 通常金利ローン(6.9%)

月々支払額 5万5114円 5万9262円
月々支払額の差額 4148円
分割払い手数料 41万7217円 75万5114円
ローン支払い総額 441万7212円 475万5114円
通常金利との差額 33万7902円

低金利ローンが以下に利用者にとって見逃せないチャンスなのか、金利以外の条件を全く同一にした場合の支払額の違いをシミュレーションによって算出してみました。今回のケースでは、ローン元金は400万円で支払い回数を60回に、ボーナス月加算総額を100万円と設定。金利が通常6.9%と、低金利ローンを3.9%と想定して計算しています。その結果は下の表のとおりで、なんと33万7902円もの差がつくことに、もちろんこれはひとつのケースですが、低金利ローンのメリットがわかります。