最終回 2017年版輸入車のハズさない買い方

GooWORLD特集記事 [2017.02.09 UP]

クルマ選びで失敗しない7つのルール

クルマ選びで失敗しない7つのルール

クルマ選びって難しい?いえいえ、そんなことはありません。ただ、知っておきたい大原則はあります。ここでは、その7つのルールをご紹介!

文●GooWORLD

1 「クルマ選びはお店選び」をよく肝に銘じる

「クルマ選びはお店選び」をよく肝に銘じる

 クルマ選びでもっとも大切なのは、自分に合ったお店を選ぶこと。購入後も、メンテナンスで付き合うことになるため、相性がよくないお店は、楽しいカーライフに影を落としてしまうことに。逆に、わからないことがあっても気軽に相談しやすいお店は心強い。地理的な距離も重要だが、心と心の距離も、じつは大切な要素なのである。

2 中古車相場をしっかりとチェックする

中古車相場をしっかりとチェックする

 下調べというのは、その時間を至福と思うひともいれば、苦痛と思うひともいる。中古車相場をあまり把握せず、なんとなく訪れたお店でスタッフに言われるがままに買うと、後にもっとよい条件の車両が目に留まってくやしい思いをすることは、珍しいことではない。せめて、中古車検索サイトでおおよその相場くらいは確認しよう。

3 ライフスタイルからエコカーの導入を検討

ライフスタイルからエコカーの導入を検討

 最近は輸入車でもエコカーの選択肢が増えてきている。ハイブリッドはもちろん、電気自動車、クリーンディーゼルなど種類が豊富。自分のライフスタイルに合わせて選べるようになった。とくに注目したいのがクリーンディーゼル。軽油を使うこと以外はガソリン車と同じ感覚で乗れるのに、燃費や加速力が優れているのが魅力だ。

4 年式、走行距離・・・何にこだわるか決める

年式、走行距離・・・何にこだわるか決める

 クルマがほしいと思ったとき、どんなイメージを思い描くだろうか。たとえばボディがピカピカで綺麗、高速道路で気持ちよく走れるなど、個々でイメージは異なるはず。その未来予想図こそが、クルマを選ぶときの最優先事項だと考えたい。まずは予算を決め、そこからどの条件なら妥協できるか否か・・・を明確にすることが大切である。

5 実車に触れてみて機関系、動作を確認する

実車に触れてみて機関系、動作を確認する

 クルマを買うとき、インターネットや雑誌で調べることが多いはず。掲載データを見て即決したくなる気持ちもわかるが、実車確認は必ず行おう。とくに中古車の場合、写真が撮影された時期とタイムラグがあるほか、状態も日々変わる。また電動で動く部分は、可能なかぎり実際に動かしてみよう。さらに試乗もできれば言うことなしだ。

6 汚れやディテールからコンディションを読み解く

汚れやディテールからコンディションを読み解く

 車内にタバコの匂いがかすかに残っていたら、前オーナーは喫煙者であることがわかる。タバコの汚れは、室内に残りやすく、コンディションを重視するなら避けたいところ。また、下まわりの小傷、ホイールの傷などで、前オーナーの運転が荒っぽいかどうか予想することも可能。少しでも気になることがあるなら、その個体は避けたい。

7 将来のためにプラス50万円の予算を用意しておく

将来のためにプラス50万円の予算を用意しておく

 高年式の場合は心配も少ないが、低年式の中古車は、購入してから、整備や修理にある程度のコストがかかる場合があることを認識しておきたい。交換するパーツも増えてくれば、それだけコストが膨らむ。その予算を含めると、プラス50万円ほど予算にゆとりを持たせたい。また、購入車両の車検時期なども考慮しておくことが大切だ。

ベストバランスな先代モデルをねらう!

コストパフォーマンスのバランスがちょうどよい先代モデルを賢く選ぶ。
文●GooWORLD

予算別に考えるユーズド輸入車の賢い選び方

 ユーズド輸入車の魅力は、身近な価格帯で憧れのモデルが手に入ること。予算によって、ターゲットとなるジャンルは自ずと決まってくる。まず300万円台の予算があれば、プレミアムブランドの上級モデルが入手可能。ただし世代はひとつ前のモデルが中心だ。200万円台は、かなり幅広く選べるのが特徴で、モデルによっては現行型も十分ねらえる。予算と満足度のバランスがよいのが100万円台。この価格帯でもVWゴルフやMINIなどの人気モデルが買えるのだ。自分の予算で買えるモデルをしっかり把握したい。

300万円台 この価格帯なら高級サルーンもねらえる

しなやかな走りのジャガーは高級セダンのダークホース

JAGUAR XF
ジャガー XF(先代)
ジャガー XF(先代)

 ドイツ勢の影に隠れがちだが、じつはXFは完成度の高い上級スポーツセダン。室内の仕立てはもちろん、しなやかな足まわりは運転していて楽しい。前期型なら200万円前後の予算でねらえる。

中古車参考価格帯 160万円〜520万円(07年〜14年 Rを除く)

新型5シリーズ登場によって現行型はお買い得に

BMW 5 Series
ビー・エム・ダブリュー 5シリーズ
ビー・エム・ダブリュー 5シリーズ

 これから中古車相場が動くと思われるのが5シリーズ。新型が本国で発表されており、日本は導入待ち状態。それに合わせて現行型(F10)がお買い得になるはずで、その兆しはすでに見られる。

中古車参考価格帯 190万円〜540万円(10年〜16年 M5を除く)

200万円台 さまざまなジャンルのクルマが選べる中古車購入のコアゾーン

いまが買い時のスポーツクーペ

AUDI TT Coupe
アウディ TTクーペ(先代)
アウディ TTクーペ(先代)

 現行型TTの登場から1年以上が経ち、中古車が流通し始めている。その影響で先代は価格が下がり、200万円以下の車両も目立つようになった。この世代は走りの実力が高く、オススメできる。

中古車参考価格帯 140万円〜350万円(06年〜15年 TTS、TTRSを除く)

豊富な物件と手ごろな価格のコンパクトボルボ

VOLVO V40
ボルボ V40
ボルボ V40

 人気急上昇中のボルボV40は、中古車が豊富にあるので探しやすいのが魅力。それでいながら、200万円台の予算なら多くの物件がターゲットゾーンに入ることに注目。新鮮さがあるのも魅力。

中古車参考価格帯 160万円〜380万円(13年〜16年 全グレード)

少ない予算でメルセデスオーナーになれる

MERCEDES-BENZ C-Class
メルセデス・ベンツ Cクラス(先代)
メルセデス・ベンツ Cクラス(先代)

 メルセデスの主力モデルゆえ、手ごろな価格の中古車が豊富にあり、ねらいやすいのがポイント。認定中古車が多く、安心感が高いことも注目したい。前期型なら100万円台の予算でも買える。

中古車参考価格帯 100万円〜270万円(07年〜15年 セダンのみ、AMGを除く)

モデルライフ後半戦で中古車相場が控えめ

VOLKSWAGEN TIGUAN
フォルクスワーゲン ティグアン
フォルクスワーゲン ティグアン

 手ごろなサイズの小型SUVがティグアン。次世代モデルが発表されており、日本導入も秒読み状態。それゆえ相場が下がっており、200万円台の予算でも十分OK。物件が豊富なのも魅力である。

中古車参考価格帯 130万円〜330万円(08年〜16年 全グレード)

100万円台コンパクトカーなら100万円台でもターゲットに

完成度の高さとコストのバランスが◎

VOLKSWAGEN GOLF
フォルクスワーゲン ゴルフ(先代)
フォルクスワーゲン ゴルフ(先代)

 予算はあまり多くないが、クルマ選びに失敗したくないひとは、ゴルフに注目してみてはどうだろう。クルマの完成度は非常に高い一方、数が多く維持費も安い。オススメ度は極めて高い1台だ。

中古車参考価格帯 70万円〜200万円(09年〜13年 Rを除く)

個性あるルックスのコンパクトワゴン

RENAULT KANGOO
ルノー カングー
ルノー カングー

 ひと目みただけで心踊るようなキュートなルックスが特徴のカングー。現行型でもかなり価格が下がってきており、100万円台の予算があれば、大半の物件が購入可能。個性派のあなたにオススメ。

中古車参考価格帯 120万円〜230万円(09年〜16年 全グレード)

スポーティな走りと親しみやすいデザイン

MINI
ミニ(先代)
ミニ(先代)

 MINIの高いブランド力のおかげで、日本での販売台数は非常に多く、中古車が豊富。走りの実力も高いので、スポーツカー的な一面もある。またアフターパーツが豊富なことも覚えておこう。

中古車参考価格帯 60万円〜230万円(07年〜14年 3ドアのみ JCW除く)

前期型なら現行型の1シリーズもねらえる

BMW 1 Series
ビー・エム・ダブリュー 1シリーズ
ビー・エム・ダブリュー 1シリーズ

 少ない予算でプレミアムブランドのクルマに乗りたいなら1シリーズがオススメ。とくにフロントデザインがリニューアルされる前のモデルが際立って安い。運転するのが楽しくなる1台である。

中古車参考価格帯 100万円〜370万円(11年〜16年 全グレード)

※ナンバープレートはすべて、はめ込み合成です。

1

ソーシャルでシェアしよう!

お役立ちガイド

認定中古車という選択
認定中古車という選択 どのように乗られてきたかなどはなかなか知り得ないもの…メーカーが認定保証する中古車なら安心
残価ローンという選択
残価ローンという選択 数年後の車両の価格を予め決め、残りの金額を分割払いにするという仕組み、残価設定ローンを活用すれば月々の支払額をググッと…
輸入車ガイド
輸入車ガイド 中古車・新車情報、プロフィールや基本スペックなどのカタログ情報を掲載

Goo車検

ウェブで完結!Goo車検
ウェブで完結!Goo車検ご希望の場所まで引取&納車、お支払いもカードでかんたん決済!Goo車検はGooが提供する車検取次サービスです。